HOME»施工例»自由設計住宅 »桧&ウールブレス  小上がりの和室がある家

施工例

桧&ウールブレス  小上がりの和室がある家:かほく市 M邸

桧&ウールブレス  小上がりの和室がある家

  • 施工中に「やっぱり玄関は顔だから・・・」と桧厚貼網代天井に変更
  • 和室はあえてリビング続きで開放的に
  • たくさん収納があるだけではなく、目的用途を明確にした機能的収納ばかり
  • 限られたスペースの中で少しでも広く使えるようにとテレビは壁掛けに
  • 飽きがこず、耐久性にも優れるシンプルなデザイン

続きを読む

【施主様のコメント】

昨年2月津幡町で行われた"住宅セミナー"の講聴を介して、棚田建設さんと初めて名刺交換をしました。
2~3年前から家の新築を考えていたのですが、施工して頂く建築会社や予算面で、どうしても迷いや
不安が払拭できず踏ん切りがつかなかったのですが、棚田建設さんとお会いして以降その翌月の
3月から本格的な打ち合わせに入り、7月に「地鎮祭」そして8月8日に「上棟式」というように
不思議なほどトントンと事が運んでいきました。
そして同年12月、当初の予定を少し過ぎて完成・入居させて頂いたのですが、改めて振り返れば
"棚田建設さんと初めて会ってから僅か1年足らずで我が家が建ってしまったのです"
棚田建設さんとお会いするまでの、いろいろな迷いや悩みは一体なんだったのだろうか?というのが
今の率直な気持ちであります。
今回、棚田建設さんに施工をお願いした最大の要因は、同社の「住居への理念」と「その人柄」そして
「情熱」でした。打合せを重ねていくうちに、それは確信に変わり、全てをお任せしたような次第です。
新居へ移って約一ヶ月半になりますが、『家族共々全てにおいて大満足しております。』
そして非常に嬉しかったのは、施工途中や完成後に訪れた建築のプロに近い方々や親戚・友人・知人等から
たとえお世辞半分としても全てに"非常に高い賞賛の言葉"を頂いたことです。
昔から"家は一生のうちに3回建てないと満足できる家に巡りあえない"という定説がありますし、
またよく耳にもしました。では何故私どもは、たった一回の施工でこれだけ満足できたのか・・・
という事を考え振り返ってみたとき、この度の計画・設計の段階から「棚田さんは私ども○○家の家族の
一員になって頂いた」この一語に尽きると思います。
そして完成・引き渡しの際、「これからが長いお付き合いになります」という棚田さんの社訓に感銘しました。
本当にありがとうございました。
※このコメントは施主様に了解を頂き、頂いた文章をそのまま掲載致しました。

最新の施工例

四季を感じる平屋
能登ヒバの丸太が見える家
桧&ウールブレス 流季の家

自由設計住宅

かほく市 M邸

桧&ウールブレス 流季の家

お施主様のコメント 「家は建てない」、これが我々夫婦の共通の考...
桧&ウールブレス 縁側のある家

施工例の一覧はこちら