スタッフブログ「凛とゆく」|ブログ

新潟の逸品

8月に入り俄然、暑さ&タイトスケジュールにノックアウト寸前です。

でもお盆休暇を頂くためにも、あと数日全開でいきます!

 

 

昨日一昨日と、より良い材料・資材調達のため新潟へ

 

木造住宅において最重要課題である木材の乾燥。

今までいろいろ乾燥に対する技術をみてきましたが

かなりイイ感じでした。

技術もさることながら、乾燥に対する熱意が群を抜いています。

 

 

 

含水率(木材に含まれている水分割合)が5%まで

落された赤松の板なんですが・・・

この時点で

左側の山が次の工程に進む材料。

右側の山が割れなど、何らかの問題があり次の工程には進めない材料。

 

 

そして、機械に通されて綺麗な無垢フロア材となるんですが・・・

右側の山がフロア材として出荷される材料。

左側の山が割れなど、何らかの問題があり次の工程には進めない材料。

 

 

原板から製品になるまで材料のロスが半端じゃない。

でもこのロスが無垢材の問題点である「施工後の収縮」を

無くす唯一の方法。

 

施工後、数年経過した物件も見てきましたが、

ホントに木の収縮が無いんです。

自信を持って、お客様にご提供できる!

そんな材料です。

 

 

もっと他にもいろいろ新規発掘してきたんですが

最後に新潟と言えば・・・

越乃寒梅以上と言われている〆張鶴。

なかなか飲めないお酒らしいです。

味はと言うと・・・

当然のごとく旨い!

でも、たしなむ程度で我慢我慢。

 

 

     3時間半運転で帰宅後すぐ獅子舞の練習、その後さらに・・・お盆休暇に辿りつけるか不安な営業マン