HOME»ブログ »ノッポさんの現場日誌 »リフォーム工事

ノッポさんの現場日誌|ブログ

リフォーム工事

富山市の改修工事の現場です。

先週より大工工事が進められています。

柱を入れ替えたり、筋交いを追加したり構造体を補強しながら、

今は床の工事に入っています。

床下の土間部分に、土壌から湿気があがってくるのを防ぐためにシートを張りました。

築年数が経っているお宅で、床がフワついているようなことはありませんか?

床下の土壌からの湿気で、仕上げ材や下地材が劣化していることが考えられます。

「ベタ基礎」の場合は建物の下、全体をコンクリートで固めるので土壌からの湿気の心配もありません!

これから新築の場合の基礎は「ベタ基礎」が必須です!

床を支える「束」も木製から鋼製のものに交換しました。

いまでは鋼製や樹脂製の束が主流になっています。

この束は後々、材木の動きなどで床鳴りなどが発生した場合でも、床下に潜って簡単に締め直すことができます。