HOME»ブログ »ノッポさんの現場日誌 »椹「さわら」板張り

ノッポさんの現場日誌|ブログ

椹「さわら」板張り

金沢市での新築工事現場です。

外部廻りの工事が進行中です。

内部が真壁(仕上げに柱を見せる造り)の部分が多く、

窓などを取り付ける際にも仕上げになる敷居・鴨居を取り付けてからの工程になるため、

大工さんも慎重に工事を進めていきます。

出窓も多くあり、地板には自然の木の形を生かした耳付きのヒノキ板を使用しています。

現在は外壁の板張りが進められています。

「さわら」の板を使用しています。

ヒノキ科の木で、耐湿性・耐久性に優れた材料にで、浴室の板張りにも使用できる材料です。

ちなみに、写真右端にちらっと見えている、下地の材料は「能登ひば」を使用しています。

仕上げ材から下地材まで耐朽性バッチリです!