ノッポさんの現場日誌|ブログ

丁張出し

石川県かほく市で新築工事が始まります。

まずは、基礎工事に先立ち「丁張出し」をおこないました。

建物外周に杭を打ち、ヌキを当てて、そこへ建物の配置を決める標になる芯墨を出していきます。

この芯墨が柱の中心を示します。

この丁張出しのなかで、重要な工程に建物の直角(矩)を出す作業があります。

直角を出す方法としては、昔ながらの3・4・5と3辺の比率の直角三角形を利用したやり方や、

トランシットと呼ばれる精密な測定機を使って出す方法などがあるんですが、

簡単に直角が出せる道具があります。

それがこの「カネピタ」です!

理論は上の写真にあるような感じで、非常に単純なんですが、

(ん~単純とは言ったものの、なんでこれで直角になるのかよくわからんっ!)

正確でかなり使い勝手のいい商品なんです。

丁張出しのときに毎回、この商品のすごさに感心させらます。

商品CMみたいになりましたが、これから基礎工事が開始です!

S様これからよろしくお願いいたします!