HOME»ブログ »ノッポさんの現場日誌 »新築現場 ~砺波市~

ノッポさんの現場日誌|ブログ

新築現場 ~砺波市~

ブログのUPが随分と開いてしまいましたが・・・ニコニコアセアセ
砺波市の新築現場です。
棟上げが終わり、瓦工事まで終了しました。
前回の「現場日誌」にも書きましたが、この現場は大工さんの手刻みで構造材が加工されました。
プレカットにはあまり見られない、丸太材の梁も掛かっています。
また、仕口にも「シャチ栓」や「込み栓」と呼ばれる昔ながらの仕掛けがされたりしています。
今ではプレカットでの加工が主流になり、このような仕事ができる大工さんも少なくなってきていますが、
代々受け継がれていくべき、日本の伝統技術だと思います。


↑「土居」と呼ばれる丸太の材料に、丸太の梁木が掛かっています。

↑「シャチ栓」を入れることにより、2本の互いにひっぱられようとする桁が固められます。

↑瓦は日本瓦葺きです。

↑瓦の軒先は「一文字瓦」を使用しました。軒先がスッキリと仕上がります。